admin

日本歴史時代作家協会賞

第13回日本歴史時代作家協会賞の候補作品が決まりました

2024年6月20日(木)に、第13回日本歴史時代作家協会賞(主催:日本歴史時代作家協会)の各部門の候補作品を発表しました。 選考会は8月18日(日)に行う予定です。 受賞作が決定しましたら、当サイト(日本歴史時代作家協会サイト)にてお知ら...
新刊

【文庫】有馬美季子『お葉の医心帖 つぐないの桔梗』

有馬美季子さんが、2024年5月、文庫書き下ろし時代小説、『お葉の医心帖 つぐないの桔梗』(角川文庫)を刊行されました。 奉公先のいじめで絶望し、身投げしたところを救われたお葉が、町医者・道庵の診療所を手伝い始めて四カ月。命の尊さを知り、患...
新刊

【文庫】藤原緋沙子『馬駆ける 岡っ引黒駒吉蔵』

藤原緋沙子さんが、2024年5月、文庫書き下ろし時代小説、『馬駆ける 岡っ引黒駒吉蔵』(文春文庫)を刊行されました。 ある時は凧屋の店主、またある時は馬を操る腕利きの岡っ引。 追い求めるのは、父の面影――。 暮れも押し迫るなか、見回りをして...
新刊

【ペーパーバック】『百王伝説: 小説『野馬台詩』』

平野周さんが、2024年5月、Amazonのペーパーバックにて、時代小説、『百王伝説: 小説『野馬台詩』』を刊行されました。Kindle版もあります。 「百王伝説」それは、どの王朝も百代までは続かないという伝承である。 室町時代、ときの後小...
歴史散策

2024.04.18 歴史散歩~戸山公園&早稲田大学キャンパス

西山ガラシャ氏の『公方様のお通り抜け』歴史行路での電子配信を記念して、作品の舞台となった「戸山荘」跡地である戸山公園&早稲田大学文学部キャンパスを巡る歴史散歩に出かけました。総勢15人の方々にご参加頂き、最初は少し案じましたが、1人の脱落者...
新刊

【電子書籍】西山ガラシャ『公方様のお通り抜け』

2024年2月、西山ガラシャさんの時代小説、『公方様のお通り抜け』Kindle版がAmazonで販売開始しました。 第7回日経小説大賞受賞作! 「公方様を驚かせたい!」 テーマパークの原点は、江戸時代の戸山(現:東京都新宿区)にあり! 楽し...
新刊

【新刊】有馬美季子『お葉の医心帖』

2023年11月、有馬美季子さんの文庫書き下ろし時代小説、『お葉の医心帖』が刊行。 「お父つぁん、おっ母さん、もうすぐ私もいくからね」 流行り病で両親を亡くし、奉公先のいじめに耐えきれず、川に身を投げたお葉。だが、気づくと町医者・道庵のもと...
イベント

第12回日本歴史時代作家協会賞 受賞記念トークショー&サイン会、開催決定!

第12回日本歴史時代作家協会賞(主催:日本歴史時代作家協会)の受賞者8名を招いてトークショー&サイン会を、10月20日(金)14時より、 紀伊國屋書店新宿本店(東京都新宿区)で開催いたします。 1人1人により深~いお話をしていただくために、...
新刊

【新刊】おぼろ菓子 深川夫婦捕物帖

2023年9月、有馬美季子さんの文庫書き下ろし時代小説『おぼろ菓子 深川夫婦捕物帖』(祥伝社文庫)が刊行されました。 【内容紹介】 深川蛤町で飯屋〈川野〉を営むお純と一帯を駆け回る岡っ引きの弥助。 この夫婦、誰もが羨むほど仲が良い。美味い夕...
新刊

【新刊】藍染袴お匙帖(14) 雨のあと

2023年9月、藤原緋沙子さんの文庫書き下ろし時代小説『藍染袴お匙帖(14) 雨のあと』(双葉文庫)が刊行されました。 【内容紹介】 松井町の番屋に急に呼び出された桂千鶴。駆けつけると、元女郎のおつねが腕を折られるなど酷い暴行を受け苦しんで...